トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

お勧めの良書

    カテゴリ

    フリーエリア

    FC2ブログランキング

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    トラックバック
    トラックバック送信先 :
    コメント

    ウイルスバスターでINASOFTさんが大変なことになっていた

    最近まで気がついていなかったのですが、ウイルスバスターのトレンドマイクロ社INASOFTさんが大変なことになっていました。

    詳細はINASOFTさんのHPでどうぞ。
    http://www.inasoft.org/


    ウイルスバスターですが、かつて筆者もユーザーでした。
    1995年のWindows 95以来、10年以上も利用しておりました。(過去形)

    使うのは止めてしまったのですが、それはver.2008あたりから、その性能とコストが見合わなくなってきた、と判断したからです。(遅い、誤検出など)

    ここ数年、アンチウイルスソフトも随分と増えたものです。
    日本で馴染みのなかったソフトも、すっかり定着した感じがあります。

    アンチウイルスソフトですが、この「誤検出」は結構迷惑な話です。

    個人利用ならまだまし、これが企業利用で、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)を導入していたりすると、「なんのサイト見てたんだ!」と騒ぎになりかねません。
    コーポレートエディションで、管理サーバに検知されると「インシデント発生」となる訳ですよ。

    先のINASOFTさんの例では、ダウンロードファイルそのものが「危険」として検知された訳ではなく、そのダウンロードURLが誤検出されたらしいです。

    「危険サイト」としての検知も、やり過ぎ感があるな、と思います。
    そこまで必要なのでしょうかね。

    とろこで、現在利用しているのは「KINGSOFT」です。
    これがベスト、という訳ではないです。
    取って代わるソフトが見つからないのです。
    関連記事
    スポンサーサイト
    トラックバック
    トラックバック送信先 :
    コメント

    検索フォーム

    フリーエリア

    デル株式会社 デル株式会社 ALIENWARE

    人気の書籍

    by ちよろ

    RSSリンクの表示

    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。