トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最新記事

お勧めの良書

    カテゴリ

    フリーエリア

    FC2ブログランキング

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    トラックバック
    トラックバック送信先 :
    コメント

    商標登録合戦!任天堂vs笑笑

    「任天堂」と居酒屋チェーン「笑笑」(モンテローザ)が、商標登録を巡り争っている。

    ことの発端は、任天堂が「ゲームの感想が表示される”わらわら広場”という画面などを商標登録した」というものだ。

    商標登録においては、【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】が異なる場合は、基本的にOKだ。
    ※簡単に言うと、商標の使用目的が異なる場合、ということ。

    任天堂の場合は、ゲーム・ゲーム機・ブログ等の事業を指定しており、モンテローザのような飲食物やその提供に関するものは含まれていないようである。

    現在の任天堂の登録内容からすると、モンテローザは「笑笑、わらわら、WARAWARA」によるインターネット事業に支障を来すであろう。

    大企業同士なので、モンテローザの言う「自社商標の便乗は許されない」というのも、気持ちは分かる。

    モンテローザも、大企業であれば、包括的に商標登録しておくべきだっただろう。
    それをしなかったのは、つまり、認めていると同じ事。

    これは、任天堂が「仕掛けた」のではないだろうか。
    商標登録というのは、それだけ重みのあることなのだ。

    特許庁への異議申し立てにより、商標登録が取り消される例はあるのだが、さて結末やいかに。
    特許庁が、この件の社会的影響として「誤認、混同」をどこまで考慮するか、である。

    誤認、混同するかねぇ、しないな。
    関連記事
    スポンサーサイト
    トラックバック
    トラックバック送信先 :
    コメント

    検索フォーム

    フリーエリア

    デル株式会社 デル株式会社 ALIENWARE

    人気の書籍

    by ちよろ

    RSSリンクの表示

    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。